ナニワ社長のベジタブログ。ナニワスタッフの社内業務や旬な野菜、果物の情報など・・・。

東部卸売市場カレンダー ナニワ社長のベジタブログ。ナニワスタッフの社内業務や旬な野菜、果物の情報など・・・。

取り扱い青果物例

取り扱い青果物例

大和野菜

  • 品 名:ひもとうがらし
  • 入荷時期:6月~8月
  • 特 長:果皮は柔らかで、油炒め、煮物、天ぷらなどに最適です。
  • 詳 細:太さは鉛筆より細い直径5mm程で、京都の「伏見甘長唐辛子」が変化した物と言われています。濃緑色で皮の柔らかい甘味とうがらしで、最近人気の高い唐辛子です。
  • 品 名:宇陀金ごぼう
  • 入荷時期:11月~3月
  • 特 長:雲母を多く含んだ土壌で栽培されているため、牛蒡に付着した雲母が光る事から金ごぼうと呼ばれるようになった。
  • 詳 細:昼夜の温度差と粘質な土壌で育つことから、肉質が柔らかで、牛蒡特有の芳香が高いと言われている。牛蒡に付着した雲母が光ることから、縁起物として正月のおせちに珍重される。
  • 品 名:小しょうが
  • 入荷時期:8月~9月
  • 特 長:大しょうがに比べ小ぶりですが辛味が強く筋の少ないです。
  • 詳 細:薄いピンク色で、食べた時の「ピリッ」とした辛さは、大しょうがより強い。甘酢漬けが定番ですが、昔から「あめ湯」の中に生姜を加えた「生姜湯」にも利用されてきました。
  • 品 名:千筋水菜
  • 入荷時期:11月~2月
  • 特 長:しゃきっとした食感です。
  • 詳 細:葉が細く葉先の切れ込みの深い系統の水菜が水田の裏作に栽培されてきました。ひとつの株元から伸びる無数の細く白い葉柄と、緑色のぎざぎざした葉の清楚な色合いが特徴です。霜にあたってからがさらにおいしくなります。
  • 品 名:大和まな
  • 入荷時期:12月~2月
  • 特 長:おひたし、和え物、煮炊きなど用途が広く、独特の風味があります。
  • 詳 細:中国から渡来したツケナ(漬け菜)は、奈良時代初期に書かれた「古事記」に「菘」と記載があるように、わが国の中で最も古い野菜のひとつです。朝晩の冷え込みが厳しくなる12月から2月、大和まなは、寒さと霜に当たって、ほかの菜類にはないやわらかさと独特の甘味がいっそうましてきます。
  • 品 名:大和三尺きゅうり
  • 入荷時期:12月~2月
  • 特 長:濃緑色で、肉質が柔らかく、甘みがゆたかです。
  • 詳 細:明治後期に県内で交配育種された長さ30~40cmの長型品種。大和高原一帯で昭和中頃まで山間抑制きゅうりとして生産されていました。まっすぐ生長させるのが難しく、長尺で箱詰めが不便などの理由で市場から姿を消したが、歯切れの良い食感が好まれ、奈良漬用として契約栽培されています。
▲ページの先頭へ戻る